タイプの別新人教育ガイド

新人教育は「タイプの別新人教育ガイド」のそれなりの役職



それなりの役職のトレーナー

新人教育のトレーナーには、新人教育ができるだけの実力を持った人が選任されます。多くの会社では、何らかの役職を持った人がトレーナーになることが多くなっています。すでに役職になっているということは、かなりの実績や経験があるということです。さらに、それなりの役職に就いているということは、一般的な会社であれば、課長クラスになるでしょう。そういった、それなりの役職がトレーナーになる場合の注意点は、偉そうに教えないことです。それなりの役職になっていると、かなりの実績や経験を持っているはずです。年齢も、そこそこ高くなっているはずですので、たくさんの部下もいるはずです。そうなると、自然に偉そうな態度になってしまいますので、それが出ないように注意しかなければなりません。偉そうに教えてしまえば、新人は反発してしまいます。口で言うことはなくても、教育内容が頭に入らなくなるのです。そうなると、非常に効率が悪い新人教育になってしまいます。それなりの役職に就いている人は、できるだけやさしく教えることを心がけましょう。そして、時には厳しい態度も取るようにします。こうして緩急付けて教育することが大切です。