タイプの別新人教育ガイド

新人教育は「タイプの別新人教育ガイド」の教えるのが苦手



教えるのが苦手な人がトレーナーになる場合

新人教育をするには、トレーナーを選出する必要があります。新人教育を外部機関に委託する場合は、自社でトレーナーを用意する必要はありません。しかし、いくら範囲が広い外部教育機関であっても、専門的な教育をすることはできませんので、その時点では、自社でトレーナーを選出する必要があるのです。トレーナーにふさわしい人がいれば良いのですが、適当な人材が見当たらない場合は、その中でもふさわしい人を選ばなければなりません。そこで、教えるのが苦手な社員がトレーナーになる場合があります。教えるのが苦手であれば、新人教育をすることは厳しいでしょう。しかし、適当な人材がいなければ、教えるのが苦手であっても、やらなければなりません。そこで、教えるのが苦手な部分をカバーすることを考えます。うまく説明できないのであれば、資料を充実させれば良いのです。また、写真や動画を用いて、自分の説明を少なくすることもできるはずです。こういった工夫をして、苦手な部分を少なくしていくのです。新人教育は、学校の先生のようにしゃべるだけではありません。少し工夫するだけで、わかりやすい社員教育にすることもできるのです。