タイプの別新人教育ガイド

新人教育は「タイプの別新人教育ガイド」の入社2~3年



入社2〜3年の社員がトレーナーになる場合

新人教育のトレーナーを社内から選出する場合は、すでに新人教育をしたことがある人が選ばれることになります。そういった社員がいなければ、新人教育ができるくらいの実力や経験を持ったベテラン社員が担当することが多くなります。新人教育の内容によりますが、若手社員がトレーナーになる場合もあります。また、入社2〜3年の社員がトレーナーになる場合もあるのです。入社2〜3年の就職がずっと新人教育をすることはありませんが、スポット的にトレーナーになることは良くあります。ここでは、できるだけ優秀な社員をトレーナーにするようにします。ここでの入社2〜3年の社員がトレーナーになるのは、大きく二つの意味があります。一つは、その時点の業務を教えることです。入社2〜3年の生の声を聞くことによって、自分がその立場になった時の仕事を理解することができるのです。そして、理想的な先輩になることを目指してもらいます。そのための象徴として、優秀な社員をトレーナーにするのです。自分とあまり年齢が変わらない社員がトレーナーになるということは、新人にとってもインパクトがあると同時に、とても影響力があるのです。