タイプの別新人教育ガイド

新人教育は「タイプの別新人教育ガイド」の新卒採用入社



新卒採用入社の新人教育

新卒採用入社の新人教育では、社会人として一から教える必要があります。学生から社会人になる時には、人生で一番大きな転換点になるはずです。今までは、お金を払って教育を受けていたのが、お金をもらって仕事をするようになるからです。新人教育では、こういったことも含めて教育をする必要があります。ただし、一方的に教育をするのは良くありません。学校の授業のようにトレーナーが教壇に立って、新人が席に着いているのであれば、学校の再現のようになってしまいます。これでは、学生気分が抜けきれなくなりますので、そのやり方から考え直す必要があります。また、知識を教えるだけでなく、考えさせることも必要です。学校では、知識を詰め込んでテストの点数が良ければ優秀とされていました。しかし、会社では、テストの点数が良くても、何の意味も持ちません。多くの知識を詰め込んでも意味はないのです。どれだけ自分で考えることができるかが大切なのです。そのための新人教育のカリキュラムを考える必要があるのです。教えるのと考えるのを同時に並行して進めるようにします。それがうまく行けば、効率的な新人教育になっているはずです。また、最短で教育ができているはずです。新卒採用入社の新人教育では、学生気分を抜いて、社会人としての心構えを持ってもらうことが必要です。さらに、仕事にスムーズに入れるようにしなければなりませんので、大変な業務なのです。

名古屋にあるメンズエステに興味があります。