タイプの別新人教育ガイド

新人教育は「タイプの別新人教育ガイド」のおとなしい



おとなしい新人の教育方法

新人にもいろんなタイプがあります。目立つのが好きな人がいれば、おとなしくて繊細な新人もいるのです。それぞれには良さがありますので、どれが一番いいという判断はできません。しかし、共通して新人教育をしなければならないのです。その中でも、おとなしい新人は少し気を遣う必要があります。おとなしい性格が決して悪いわけではありませんが、悪いように受け取られてしまう可能性があるのです。時間が経てば誤解は解けるかも知れませんが、損をしているには違いありません。だからといって、おとなしい性格を目立つ性格にすることはできませんので、おとなしい性格の教育方法としては、それを踏まえて自分をアピールすることになります。おとなしい性格では、目立つ人の影に隠れがちです。そうなると、せっかく良い点があっても、誰にも教えることができませんので、かなり損をしてしまうことになります。そこで、おとなしい性格はそのままで、自分の良さをアピールするようにするのです。そのアピール方法を教育すると、損を防ぐことができるのです。正確には一長一短がありますので、マイナスとなる部分は、プラス材料で補うということです。こうして、おとなしい性格でも、自分をアピールできる材料があるとなれば、自分に自信を持ってくるはずです。そうなると、その新人は伸びてくるはずです。このようにして、個人の性格に合った教育をすることが大切なのです。

プランジャパンを知りたいあなたにはここにアクセス

ヒューマン国際大学機構
http://hiuc.athuman.com/hennyu/