タイプの別新人教育ガイド

新人教育は「タイプの別新人教育ガイド」のキャリア採用入社



キャリア採用入社の新人教育

キャリア採用とは、すでに実績を持った人を採用することです。特定の職種の中途採用の募集で、その職種に即戦力として仕事をすることができる人材を募集します。また、あえて違った業界から人材を募集することもあります。その場合でも、全くの新人を採用するのではなく、違う職種でキャリアがある人材を採用することになります。よって、キャリア採用にて入社した人材は、かなりの実績や経験を持っていることになります。しかし、そうであっても、その会社では新人になりますので、新人教育を受ける必要があります。ここでのトレーナーは、それなりの力量を持っている必要があります。相手は、新人といえども、かなりのキャリアを積んだベテランになります。その仕事では、一流と言える人材かも知れません。そういった人材に対して教育をするのは気が引けるかも知れませんが、基本的には、普通の新人と同じ教育をするように心がけます。専門的な仕事については、すでにキャリアがあるのでそれほど説明はいらないかも知れません。しかし、ここでは新人教育を指しますので、初歩的なことから教える必要があるのです。教え方としては、一方的にカリキュラム通りに進めるのではなく、人数や相手の年齢や状況によって、臨機応変な対応を心がけます。何も考えずに、テキストの通りに淡々と進めていたのでは、相手はほとんど聞いていないはずです。これでは、新人教育の意味がありませんので注意しましょう。