タイプの別新人教育ガイド

新人教育は「タイプの別新人教育ガイド」の気難しい



気難しい性格の新人教育

最近は、気難しい性格が増えてきたようです。新人もその傾向が強くなって、気難しい性格や、わがままな人が増えてきているようです。その背景には、ゆとり教育があるとされていますが、どんな理由にしても、新人教育をして一人前の人材にする必要があります。気難しい性格の新人は、新人教育でも気を遣うことになると思います。しかし、基本的に気にする必要はありません。個人の性格を把握することは必要ですが、必要以上に気を遣う必要はないのです。あまり気を遣ってしまえば、さらに気難しい性格がエスカレートするかも知れません。そうなったら、新人教育の意味がありませんので、他の新人と同様に扱うことを心がけます。そして、何かのやりとりで気難しさが出れば、注意するようにします。多少、気になる程度であれば注意までする必要はありませんが、明らかに態度に表れていたり、言葉遣いが乱れていると、注意するようにします。すると、相手はますます態度を固持するかも知れません。そうなると、さらに注意することが必要です。その性格では、会社では損をすることを教えるのです。それがわからなければ、わかるまで教えてあげるのです。そして、自分の欠点に気が付けば、その新人は成長することができます。すぐに直ることは難しいですが、注意しなければ直りませんので、そのきっかけを与えるということです。こうした臨機応変な対応をするのも、新人教育には必要なのです。