タイプの別新人教育ガイド

新人教育は「タイプの別新人教育ガイド」の異性



異性へ教育する場合の注意点

異性へ教育する場合は、それなりに気を遣うことも多くなります。女性のトレーナーが男性を教育する時は、緊張するかも知れません。また相手が男性ですので、気構えてしまうかも知れません。しかし、ビジネスに性別は関係ありませんので、男性であることを過剰に意識する必要はありません。また、相手が男性だからといって、女性らしさを隠す必要もありません。いくら努力しても、あらゆる面で男性と同じにはなりませんので、女性らしさを出して普通に教育すればいいのです。逆に、男性トレーナーが女性の新人を教育する場合は、女性であることを気遣う必要があります。ジョークを言うにしても、男性が女性には言いにくいことともあります。そういったことがあれば、できるだけ言わないようにします。教育内容自体で特に気を遣うことはありませんが、そういったちょっとした気遣いは必要だということです。また、男女混合の新人教育であれば、教育内容にも気を付けるようにします。できるだけ男女差のない内容を心がけます。ただし、あえて男女差を付けることも必要です。それぞれの役割がありますので、何もかもを一緒にすることもおかしいのです。どうしても差が付く部分は、はっきりと説明することも大切なのです。そして、怒る時には気を付けるようにします。あまり怒ることは良くありませんが、そうなった場合は、特に女性の表情を見ておき、その場の雰囲気を考えるようにします。

ヤマハはここにあるように、自社製品から波状した分野にも積極的に思えますね。